企業情報 > 工場紹介 > 五反田工場

五反田工場

五反田工場の特徴

都心にめっき工場があるの?と驚かれることもございますが、世界の最先端の技術が東京品川区五反田の工場にあります。
五反田工場では『若大将のゆうゆう散歩』(TV朝日)で、加山雄三さんがめっきの体験を行ったこともございます。
都心にあるため、多くの得意先技術部門より様々なめっきの相談、試作・研究開発依頼を承っております。交通の便がいいからこそ、いつでもスピーディーに対応できる強みがあります。

得意分野

貴金属めっき(RoHS対応済み)

・各種貴金属めっき(金・銀・パラジウム・ロジウム等)
・目的に応じた金めっきの提供(金めっき10種類)

微細(小)部品へのめっき

・1mm以下の製品へのめっき

特殊めっき

・フレーム(短冊)品、バラ品への部分ニッケルめっき、部分金めっき及び部分錫めっき

技術開発

・ボンディングに高性能を発揮するニッケルめっき(ワイヤーボンディング性に優れる)

ガラス、銅タングステン、モリブデン、ウレタン、カーボン、磁性材料(Sm-Co、Fe-Nd等)、セラミックス(アルミナ・ジルコニア・窒化アルミ等)、シリコンウェハ-等

6価クロムフリー対応化成処理

・アルミニウム無色化成処理(クロムフリー)

取得認証

エコステージ2(環境保全)
ISO 9001(品質保証)
JIS Q 9100(品質保証)※宇宙関連部品の表面処理(無電解ニッケルめっき)

保有設備

めっき仕様と適用素材および処理可能寸法

めっき仕様 適用素材 備考 処理可能寸法
D×W×H
光沢ニッケル+光沢金 銅・銅合金・ニッケル合金・ベリリウム銅 自動機
(バレル)
要相談
光沢・半光沢・無光沢ニッケル
光沢金
銅・銅合金・ニッケル合金・鉄・鉄合金・SUS・アルミ合金 手動
(バレル、ラック、網)
200×350×500
光沢・半光沢・無光沢ニッケル
無光沢金
銅・銅合金・ニッケル合金・鉄・鉄合金・SUS・アルミ合金 手動
(バレル、ラック、網)
100×300×300
光沢・半光沢・無光沢ニッケル
パラジウム
銅・銅合金・ニッケル合金・鉄・鉄合金・SUS・アルミ合金 手動
(バレル、ラック、網)
100×300×250
光沢・半光沢・無光沢ニッケル
ロジウム
銅・銅合金・ニッケル合金・鉄・鉄合金・SUS・アルミ合金 手動
(ラック、網)
250×100×300
光沢銀・無光沢銀 銅・銅合金・ニッケル合金・鉄・鉄合金・SUS・アルミ合金 手動
(バレル、ラック、網)
200×500×600
部分めっき
光沢ニッケル+光沢金・無光沢錫
銅・銅合金・ニッケル合金・鉄合金 手動
(ラック)
要相談
銅+光沢・無光沢ニッケル 銅・銅合金・ニッケル合金・鉄・鉄合金・
SUS・アルミ合金
手動
(バレル、ラック、網)
200×350×500
無電解ニッケル-リン 銅・銅合金・ニッケル合金・鉄・鉄合金・
SUS・アルミ合金
手動
(ラック、網)
450×450×200
アルミ合金着色クロメート
アルミ合金無色クロメート
アルミ合金・ADC 手動
(ラック、網)
400×700×500
400×400×600
銅合金着色クロメート
銅合金無色クロメート
銅・銅合金 手動
(ラック、網)
250×500×550
400×400×600
アルミ合金クロムフリー化成処理 アルミ合金・ADC 手動
(ラック、網)
500×800×700
銅合金クロムフリー化成処理 銅・銅合金 手動
(ラック、網)
400×400×600
パッシベート処理
(不動態化処理)
SUS 手動
(ラック、網)
400×400×500

※「めっき仕様」に赤字で記載されているものが最外層


所在地

五反田工場

〒141-0031
東京都品川区西五反田3丁目8番11号
TEL. 03-3492-7191 FAX. 03-3492-7192

営業 kaji(アット)mitsuyanet.co.jp
技術 tech-mg(アット)mpd.biglobe.ne.jp
 ※(アット)を@に変換して送信してください。

五反田駅から徒歩10分、不動前駅から徒歩5分

page top