製品詳細

ボンディング用ニッケルめっき(MC-03WB)

ボンディング用ニッケルめっき(MC-03WB)

ボンディング用ニッケルめっき ボンディング用ニッケルメッキ

コストダウンに貢献!アルミ線材用の安価で高品質なボンディング用ニッケルめっき。

ボンディング用ニッケルめっき(MC-03WB)が選ばれる理由

  • 特長1「防食耐食性」

  • 特長2「ボンディング性」

  • 特長3「接合性」

ワイヤーボンディングとは金、アルミニウム、銅などの細線でトランジスタ、集積回路上の電極と、プリント基板、半導体パッケージの電極などを接続する方法です。
現在広く使用されているパワー半導体には、アルミワイヤーボンディングが使われています。
そのためワイヤーボンディングで接続される面に使われるめっきには接合強度への信頼性が要求されます。

 

従来は、無電解ニッケルめっき皮膜が接合強度の信頼性の面で主に使用されていましたが、三ツ矢では電気ニッケルめっきで同等以上の性能を実現しました。

 

三ツ矢が開発したアルミワイヤー用高周波ボンディング対応ニッケルめっきでは、過去10年以上ボンディング不良は起きていません。
実装時の不良率の低減により大幅なコストダウンに寄与しました。
また、ラック・フープどちらでも加工できますが、フープ工法に変更したことで大量生産が可能になり、コストを85%削減した実績があります。

導入事例

製品納入業界

自動車業界

製作事例

自動車関連 A社 センサーチップをのせた金属基板とアルミワイヤーボンディングで結線しているが、密着力が弱い物があり歩留まりが悪くなっていた。
弊社実績のあったボンディング用ニッケルめっきを推奨し試作検討の結果、歩留まりが100%近くに向上。フープ加工法が可能となり全般的なコストダウンにも寄与しました。
(品質安定化、コスト低減)

製品詳細

基礎情報

※生産方法について B(バレル) R(ラック) M(網) H(フープ)

対応工場 【東京都】
五反田工場
【東京都】
八王子工場
【山形県】
米沢工場
【山梨県】
甲府工場
量産
生産方法 R B,R,M,H R,H
下地めっき種 Cu Cu Cu
量産試作
試作
薬品準備
めっきのことならなんでもご相談ください!
[無料]めっき相談
  • 各種お問い合わせ
  • 見積のお申し込み
  • お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちら