製品詳細

パラジウムニッケル合金めっき

パラジウムニッケル合金めっき

パラジウムニッケル合金めっき パラジウムニッケル合金メッキ

高硬度、高い耐摩耗性で摺動・挿抜箇所に最適。下地にも使えるパラジウムニッケル合金めっき。

パラジウムニッケル合金めっきが選ばれる理由

  • 特長1「非磁性」

  • 特長2「硬い」

  • 特長3「耐摩耗性」

純パラジウムめっきに比べ、硬度はHv450程度と高く接点部において、以前は金の代替めっきとして多用されていましたが、現在はその硬さから摺動・挿抜の多い製品に多く使われています。三ツ矢ではパラジウム8:ニッケル2の合金で、フープ・バレル・ラックの処理方法が可能です。さらに金めっきを薄付けして使用する場合もあります。

製品詳細

基礎情報

※生産方法について B(バレル) R(ラック) M(網) H(フープ)

対応工場 【東京都】
五反田工場
【東京都】
八王子工場
【山形県】
米沢工場
【山梨県】
甲府工場
量産
生産方法 R R H
下地めっき種 Ni Ni Ni
量産試作
試作
薬品常備
めっきのことならなんでもご相談ください!
[無料]めっき相談
  • 各種お問い合わせ
  • 見積のお申し込み
  • お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちら

[無料]めっき相談