製品詳細

無電解ニッケル(リン含有)めっき

無電解ニッケル(リン含有)めっき

無電解ニッケル(リン含有)めっき 無電解ニッケル(リン含有)メッキ

機械部品や電子部品の表面材料に、非磁性な無電解ニッケル(リン含有)めっき。

無電解ニッケル(リン含有)めっきが選ばれる理由

  • 特長1「低接触抵抗」

  • 特長2「シール性」

  • 特長3「ボンディング性」

電気を使用せず化学反応により得られるめっきです。還元剤にリン酸化合物を使用するため、皮膜はニッケル-リン合金となり、耐食性、耐摩耗性に優れた特徴をもつため、機械部品ならびに電子部品などの表面材料として使われます。また、非磁性のため磁性を嫌うものにも使用が可能です。膜厚を均一につけられる特徴があります。 熱処理により硬度を上げることができますが磁性を帯びます。

 

導入事例

製品納入業界

半導体関連業界、分析機器業界。

製作事例

半導体関連 H社無電解ニッケルめっき上への金めっき仕様の製品に高温半田付けを行うと、めっきはがれが生じる。困っているので原因調査と対策はないかとご相談に来られました。
前処理やめっきの際に吸蔵された水素が要因ではないかと推察して、当社で開発試作を行って評価いただいたところ問題は生じませんでした。
(品質安定化)

半導体関連M社製品へのめっき仕様が複雑で、液残留等の問題等品質面で悩まれておりました。当社のことを以前よりご存じの方がいらっしゃり、ご相談に見えられました。
この系統の製品の実績がなかったのですが技術部門ですぐに工程の検討に入り、サンプルからほぼ安定した品質で供給しそのまま量産試作、専用設備を導入後量産にいたっております。
(品質安定化)

半導体関連 AA社ウエハーの測定機器に使用するために均一なめっきをつけてほしいとのご依頼でした
アルミ円盤加工品に耐食性の良い均一な平面仕上がり仕様の厚付けめっきが必要となりましたが、めっき皮膜36ヶ所測定で5μm以内である厳しい品質要求があり 技術部門 製造部門で工程を改善して要求品質で量産を可能といたしました。
(難素材対応、精密精度対応)

分析機器 BB社社内のめっき工程を廃止されることとなり、委託先を調査され当社にお声をかけて頂きました。
製品は大型で、傷・打痕等が厳禁な製品の一品物が多く、めっき皮膜の耐食性、硬さ、厚み、純度等をご評価いただきました。長年、宇宙・防衛・海底通信中継器等の高信頼度部品を手がけてきた取り扱いの丁寧さと品質保証体制等を評価していただき、生産を移管しております。
(信頼できる外注)

半導体関連 E社現状のめっき発注先に依頼していた無電解ニッケルめっきでピット(めっき表面上の微少な凹)が発生し解決できないため、紹介を受けて当社にご相談に来られました。
当社で通常工程で試作を行いご評価をいただいたところピットがなく、発注をいただくこととなりました。
(品質安定化)

製品詳細

基礎情報

※生産方法について B(バレル) R(ラック) M(網) H(フープ)

対応工場 【東京都】
五反田工場
【東京都】
八王子工場
【山形県】
米沢工場
【山梨県】
甲府工場
量産
生産方法 R,M B,R,M B,R,M B,R,M
下地めっき種 Ni,Cu Ni,Cu Ni,Cu Ni,Cu
量産試作
試作
薬品常備
めっきのことならなんでもご相談ください!
[無料]めっき相談
  • 各種お問い合わせ
  • 見積のお申し込み
  • お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちら

[無料]めっき相談