めっき検索 > パラジウム-ニッケル合金めっき

パラジウム-ニッケル合金めっき

パラジウム-ニッケル合金めっきの加工サンプル

三ツ矢は、硬さや耐摩耗性において純パラジウムより優れた特性を有する改善したパラジウムーニッケル合金めっきを開発しました。
パラジウムは白金族の中では化学的に活性で耐食性が劣ります。パラジウムメッキは装飾めっきとしてはやや色調が暗くて鮮やかさに欠けています。そのためロジウムメッキや金メッキの下地メッキとして使われてきました。また純パラジウムメッキは厚付けが難しいです。
三ツ矢はこれらの欠点を補うためにパラジウム-ニッケル合金メッキを開発しました。
ニッケルの比率次第で、純パラジウムメッキよりも耐食性が向上し、ピンホールも減ります。また、水素脆性も起こりにくくなります。パラジウム-ニッケル合金メッキは、純パラジウムめっきに比べ硬度がHv450程度と高いです。そのため、接点部分に金の代替めっきとして多用されています。最近は、摺動性・挿抜性を要求される製品に多く使われています。
三ツ矢のパラジウムーニッケル合金メッキは、フープ・バレル・ラックの処理方法が可能です。

パラジウム-ニッケル合金めっきの特徴

機能特性

  • 非磁性
  • 硬質
  • 耐摩耗

使用される産業分野

  • 電気電子-コネクター

加工の可否

五反田八王子米沢甲府
工場 五反田/東京 八王子/東京 米沢/山形 甲府/山梨
量産
加工方式 R R H
下地めっき種 Ni Ni Ni
量産試作
試作
薬品常備
B:バレルR:ラックM:網付けH:フープ
めっき種ごと
金めっき
銀めっき
インジウムめっき
パラジウムめっき
ロジウムめっき
ニッケルめっき
銅めっき
錫めっき
亜鉛めっき
クロームめっき
アルミ化成処理
銅材クロメート処理
特殊表面処理技術
新規開発技術
機能特性ごと
低接触抵抗
耐腐食
耐摩耗
硬質
良はんだ・良接合性
高熱伝導性
高導電性
シール性
耐かじり性
非磁性
磁性
ニッケルアレルギー対策
高反射
反射防止性 光吸収性
ワイヤーボンディング
ポーラス
摺動性
良離型性
高周波特性用
電磁波シールド用
産業分野ごと
航空宇宙
自動車
自動車-エアバッグ
自動車-IGBT
電気電子-バスバー
電気電子-センサー
電気電子-コネクター
電気電子-スイッチ
電気電子
通信機器
医療機器
半導体
スマートグリッド
機械
建設
装飾品
加工工場ごと
五反田工場/東京都
八王子工場/東京都
米沢工場/山形県
甲府工場/山梨県
加工方式ごと
バレル方式
ラック方式
網付け方式
フープ方式
下地素材ごと
黄銅
リン青銅
ベリリウム銅合金
チタン銅合金
アルミニウム
ステンレス
亜鉛
マグネシウム
チタン
モリブデン
タングステン
ニッケル
インバー
コバール
洋白
42アロイ
ハステロイ
ダイキャスト
セラミックス
カーボン
粉体
シリコンウエハー
化合物ウエハー
ガラス
プラスチック
蒸着膜・スパッタリング膜
page top