製品一覧

三ツ矢で可能なめっきについて、各工場での加工方法や製品の特徴を記載しております。めっき加工のご希望がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。技術開発も行っております。

機能特性から探す

低接触抵抗めっき

機械的な接触で電気接続をする場合は低接触抵抗のめっきが必要です。また、耐摩耗性、挿抜性なども必要なことがあります。光沢金めっきが金めっきの中では硬く低接触抵抗であるため多く使われています。三ツ矢ではその他に、ロジウム、パラジウム、光沢銀、硬質銀などをご提供することができます。

金ニッケル合金めっき
通常の金めっきの二倍近い硬度をもった、ニッケル合金の金めっき。

ロジウムめっき ロジウムメッキ

ロジウムめっき
摺動や摩耗の激しい可動・断続接点に。耐食性と高い硬度を持つ、ロジウムめっき。
接合向けめっき

電気的な接合には機械的接合(接触)、半田接合、ボンディング接合、拡散接合があります。それぞれ以下のめっきをご提供することが可能です。機械的接合(接触)には、光沢金、ロジウム、硬質銀等を、はんだ接合には鉛フリーはんだ、金、もっとも使われるのは金めっきですが価格が高くなってしまうのがネックです。お客様の要望によっては銀めっき、錫めっき、錫銅合金めっき、また条件によっては三ツ矢のニッケルめっきも使用可能の場合があります。別途条件のご相談頂ければいろいろな提案をさせて頂きますボンディング接合には金、バンプ用金合金、ボンディング用ニッケルめっきがあります。

防食耐食性めっき

素材を腐食から守るために行うめっきを防食めっきと呼んでいます。鉄鋼材料上の亜鉛、亜鉛ニッケル合金、ニッケル等、銅合金上の銀、ニッケル、錫など素材よりも腐食しにくいめっき膜をつけます。しかしながら、ピンホールや密着不良などがあると、素材はめっきするまえよりも却って腐食されます。ピンホールがない、密着のよいめっきを行なうため、めっき前処理、下地めっきの工夫をして、各種の防食めっきを行なっています。

粉体ニッケルめっき
各種粉体へめっきができます。ニッケルめっき、銅めっきの実績があります。
コバルトニッケル合金めっき(コバルトめっき)
機械特性、硬度、耐食性、耐熱性に優れたコバルトニッケル合金めっき。
純コバルトめっきについては技術センターで試作対応いたします。

亜鉛高ニッケル合金めっき 亜鉛高ニッケル合金メッキ

亜鉛高ニッケル合金めっき
高耐食性、航空機や自動車に。有害なカドミウムの代替品としても、亜鉛高ニッケル合金めっき。

クロムめっき(RoHS対応) クロムメッキ(RoHS対応)

クロムめっき(RoHS対応)
六価クロムフリーの装飾用薄付けクロムめっき(RoHS対応)

銅 防錆処理RoHS対応

銅 防錆処理RoHS対応
RoHS対応!銅合金系六価クロムフリー、銅防錆処理(RoHS対応)。

銅 有色クロメート六価

銅 有色クロメート六価
銅合金系防錆処理に、黄色味を帯びた銅有色クロメート六価めっき。
耐摩耗性めっき

摺動性、耐摩耗性 耐かじり性は、硬さと滑りと表面粗さとの総合性能により決まっていきます。硬い金属同士で性能が最高となるとは限りません。また、同一金属同士は避けた方がかじりが生じにくいとされています。インジウムめっき、銀めっき 潤滑性めっきとしての無電解ニッケルーフッ素樹脂複合めっきなどはかじり、摩耗、摺動に優れているといわれています。実使用条件により評価が必要となります。ピストンリングには錫めっきが使用されてたり、銀 インジウム、錫銀合金等も使用されます。

金ニッケル合金めっき
通常の金めっきの二倍近い硬度をもった、ニッケル合金の金めっき。

ロジウムめっき ロジウムメッキ

ロジウムめっき
摺動や摩耗の激しい可動・断続接点に。耐食性と高い硬度を持つ、ロジウムめっき。
高導電性めっき

金属の電気伝導性は銀、銅、金、アルミの順となっています。湿式ではアルミめっきはできません。また実際の環境下では酸素が介在するため酸化物形成が生じ、接点・コネクタで使用する場合に通常の物理的性能で単純に選択することはできません。用途によりますが通常は、金、銀、錫、パラジウム、パラジウム合金めっきが使用されています。

金ニッケル合金めっき
通常の金めっきの二倍近い硬度をもった、ニッケル合金の金めっき。
SUS直付け銅めっき
ニッケルアレルギーに対応、ステンレスに直付けの銅めっき。
シール性

柔らかい金属をめっきすることにより金属製パッキンのシール性向上させることができます。インジウム、鉛、純金めっき、純銀めっき等が使用されます。

インジウムめっき インジウムメッキ

インジウムめっき
メタルシールに。耐アルカリ性が良好な、低融点超軟質のインジウムめっき。
抗菌性めっき

「抗菌」とは「菌の繁殖を防止する」という意味です、抗菌の対象を細菌のみとしています。抗菌仕様製品では、カビ、黒ずみ、ヌメリは効果の対象外とされています。菌を殺したり減少させるのではなく、繁殖を阻止するわけですが、これも明確な対象やその程度を含まない概念です。金属では銀と銅に効果があるとされています。 マイナスイオンに帯電した水中の細菌や藻に吸着して、蛋白質の構造を変えて細胞膜を破壊し、増殖機能を阻止、死滅させることが知られています。

硬いめっき

めっき皮膜として硬い金属としては、クロムめっき、ニッケルタングステン合金めっき、無電解ニッケルめっき皮膜 また貴金属ではロジウム、パラジウムコバルト合金が上げられます。

ロジウムめっき ロジウムメッキ

ロジウムめっき
摺動や摩耗の激しい可動・断続接点に。耐食性と高い硬度を持つ、ロジウムめっき。
コバルトニッケル合金めっき(コバルトめっき)
機械特性、硬度、耐食性、耐熱性に優れたコバルトニッケル合金めっき。
純コバルトめっきについては技術センターで試作対応いたします。
摺動性めっき

摺動性、耐摩耗性 耐かじり性は、硬さと滑りと表面粗さとの総合性能により決まっていきます。硬い金属同士で性能が最高となるとは限りません。また、同一金属同士は避けた方がかじりが生じにくいとされています。インジウムめっき、銀めっき 潤滑性めっきとしての無電解ニッケルーフッ素樹脂複合めっきなどはかじり、摩耗、摺動に優れているといわれています。実使用条件により評価が必要となります。ピストンリングには錫めっきが使用されてたり、銀 インジウム、錫銀合金等も使用されます。

銀錫合金めっき
EV充電端子等のために開発。なじみ性、潤滑性、高硬度のある銀錫めっき。