解決事例 > 耐熱性のための無光沢銀めっき

解決事例-耐熱性のための無光沢銀めっき

電子部品 D社
変形しやすい薄箔のコバール材上の銀めっきが600℃の加熱でめっきの密着が保持できないため剥離するということでご相談に見えられました。
当社の標準工程で試作を行いましたが、剥離は起こらないため量産をお引き受けすることとなりました、後日家電メーカーの最終ユーザー様も工場を訪問され当社よりめっき工程の説明を行い高評価をいただきました。

関連めっき・表面処理

解決した課題

  • 難素材へのめっき
page top