めっき検索 > めっき種 > ニッケルめっき

ニッケルめっき

ニッケルめっきの加工サンプル

ニッケルは銀白色で硬く耐食性に優れ、強磁性を示す金属です。
ニッケルめっきに関する特性データを以下に紹介します。ご必要としている特性と比較されてください。

めっき・表面処理

主な機能特性

ニッケルめっきの主な機能特性は、次のようになります。

ニッケルめっき外観

光沢、半光沢、無光沢めっきがあります。ニッケルめっきのタイプは外観の他に機械的特性、表面の接合活性などの観点で選択されます。 なお、表面が特別に反射防止特性を必要とするときは電気黒色ニッケルめっき、または無電解黒色ニッケルめっきが使用されます。

ニッケルめっきの拡散防止

ニッケルめっきは基材材料または下層めっき材料が上層に拡散するのを防ぐ役割をします。

無電解ニッケルめっきの均一析出性

無電解めっきは、化学反応によってベース金属の表面に堆積させるために適用されます。 これは、電流を必要としません。この方法の利点は、電流密度が金属めっきの厚さを支配しないことです。 無電解めっきの厚さは、複雑な形状の表面でさえ均一です。

耐熱性

高温環境下での接続安定性のために、三ツ矢のコバルトーニッケル合金めっきが選ばれています。

耐食性

ニッケルにリンを含有させると耐食性が高くなります。ニッケルーりん合金は電気めっきおよび無電解めっきで得ることができます。

磁気特性

通常の電気ニッケルめっきは強磁性体です。無電解ニッケルめっきは還元剤に含まれるりんやホウ素を含みます。 これらの量が少ない時はめっき膜は強磁性体です。これ等の元素が多くなると(3~4 wt%)析出膜は非磁性体になります。非磁性体の無電解めっき膜を加熱すると強磁性体になります。 加熱vs磁気特性データを紹介することができます。

電気抵抗

無電解ニッケルーりんめっきのりん含有量が増えるにつれて抵抗値は大きくなります。 加熱により抵抗値は下がります。 りん含有量と抵抗値、加熱による抵抗値変化のデータを紹介することができます。

熱膨張率

弊社は鉄-ニッケル合金めっきを提供することができます。 ニッケルー鉄合金めっきはインバー材として知られ、熱膨張率が極めて小さいものです。

硬度

硬いめっきとして、電気ニッケルーりん、電気ニッケルー鉄、無電解ニッケルーりん、無電解ニッケルーホウ素を提供しています。 電気ニッケルめっきはワット浴タイプとスルファミン酸タイプに大別されます。スルファミン酸浴からのめっきは低い硬さ、低い内部応力、高い靭性を示します。

潤滑性

無電解ニッケル/ PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)複合材は、低摩擦、撥水性、撥油性、離型性、耐摩耗性を示しています。

めっき種ごと
金めっき
銀めっき
インジウムめっき
パラジウムめっき
ロジウムめっき
ニッケルめっき
銅めっき
錫めっき
亜鉛めっき
クロームめっき
アルミ化成処理
銅材クロメート処理
特殊表面処理技術
新規開発技術
機能特性ごと
低接触抵抗
耐腐食
耐摩耗
硬質
良はんだ・良接合性
高熱伝導性
高導電性
シール性
耐かじり性
非磁性
磁性
ニッケルアレルギー対策
高反射
反射防止性 光吸収性
ワイヤーボンディング
ポーラス
摺動性
良離型性
高周波特性用
電磁波シールド用
産業分野ごと
航空宇宙
自動車
自動車-エアバッグ
自動車-IGBT
電気電子-バスバー
電気電子-センサー
電気電子-コネクター
電気電子-スイッチ
電気電子
通信機器
医療機器
半導体
スマートグリッド
機械
建設
装飾品
加工工場ごと
五反田工場/東京都
八王子工場/東京都
米沢工場/山形県
甲府工場/山梨県
加工方式ごと
バレル方式
ラック方式
網付け方式
フープ方式
下地素材ごと
黄銅
リン青銅
ベリリウム銅合金
チタン銅合金
アルミニウム
ステンレス
亜鉛
マグネシウム
チタン
モリブデン
タングステン
ニッケル
インバー
コバール
洋白
42アロイ
ハステロイ
ダイキャスト
セラミックス
カーボン
粉体
シリコンウエハー
化合物ウエハー
ガラス
プラスチック
蒸着膜・スパッタリング膜
page top