企業情報 > 工場紹介 > 米沢工場

米沢工場

米沢工場の特徴

ケネディ大統領が尊敬する上杉鷹山で有名な米沢市の、八幡原中核工業団地内に位置する三ツ矢で最大の工場です。
フープめっきの他通信機器部品へのめっきを行っております。

主なめっき種
フープめっき各種・光沢金・光沢銀・硬質銀・パラジウム・パラジウム-ニッケル・銅・光沢ニッケル・半光沢ニッケル・無電解ニッケル・無光沢錫・アルミへのアロジン#1000,#1200・アルミニウムへの防錆処理(クロムフリー)・パシペート

弊社では無光沢 Ag、光沢Ag、硬質Agの3種類のAgめっきを保有しております。
 無光沢Agめっきの硬度は約Hv70
 光沢Agめっきの硬度は約Hv100
 硬質Ag めっきの硬度は約Hv150~180

銀は抗菌性に優れ、スプーンやフォークなど銀製食器にめっきされます。金属の中で最も電導性が良く、最小の電気抵抗率を示します。光反射性に富んでいるのも特徴です。

銀めっきは、①特有の明るい白色調で光反射性に富み、②バクテリアに対する抗菌作用や清潔感から、装飾や食器、歯科治療などに用いられてきましたが、最近では、③電気伝導性や④はんだ付け性 に優れていることから、電気電子機器部品に多く用いられています。また、⑤耐熱性焼き付けシールなどの特性が良好なことから、機械部品分野でも活躍しています。

各種銀めっきの特徴
光沢銀めっきは、ある程度の硬度がありコネクタ、端子、スイッチ類へ用いられます。
無光沢銀めっきは、抵抗率、導電性に優れ、かじり防止、潤滑性を利用した個体潤滑皮膜として(軸受けなど)、ICリードフレーム類などボンディング性やはんだ付け性に優れています。
硬質銀めっきは、耐摩耗に優れた、高硬度の硬質銀めっきで、電気自動車 (EV)・ プラグインハイブリッド車 (PHV)の充電ガンの関連製品充電端子に用いられます。

銀めっきの唯一の欠点は変色しやすいこと。特に硫黄系には弱く、硫化銀を生成して黒変するため、弊社では硫化防止のため独自開発した変色防止剤を保有しています。

得意分野

貴金属めっき(RoHS対応済み)

金、銀、Pd、Pd-Niの貴金属めっき

フープの量産工場

ストライプフープめっき、部分フープめっき、ニッケルバリア対応のフープめっき
少量多品種製品対応ライン
ワイヤーボンディング性に優れるニッケルフープめっき
Pbフリーフープめっき(Snフープめっき、Pd-Niフープめっき)
SUS材上への直金フープめっき

RoHS対応めっき

6価クロムフリー対応化成処理
アルミニウム無色化成処理(ジルコニウム系)
鉛フリーの無電解ニッケル対応

技術開発

変色防止、挿抜性に優れた封孔処理の提供
スパッタリング蒸着皮膜の剥離技術
解析装置による技術サービスの提供

取得認証

エコステージ2(環境保全)
ISO 9001(品質保証)

保有設備

ラック・バレル・網めっき

めっき仕様 適用素材 備考 処理可能寸法
D×W×H
光沢Ni+光沢Au 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・アルミ合金・SUS 手動
(ラック)
200×400×600
光沢Ni+光沢Au 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・アルミ合金・SUS 手動
(バレル、網)
200×400×500
Cu/光沢Ni+光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅・アルミ合金・SUS 手動
(ラック)
180×400×600
Cu/光沢Ni+光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅・アルミ合金・SUS 手動
(バレル、網)
180×400×500
Cu+光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅・アルミ合金・SUS 自動機
(ラック)
250×800×600
無光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅 手動
(ラック、バレル)
350×350×150
硬質Ag 銅・黄銅・リン青銅 手動
(ラック、バレル、網)
500×200×600
Cu+無光沢Sn 鉄・銅・黄銅・リン青銅 自動機
(ラック、バレル)
250×800×600
半光沢Ni 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・SUS 手動
(バレル、ラック)
300×500×500
光沢Ni 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・SUS 手動
(バレル、ラック)
280×450×600
無電解Ni 鉄・銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・アルミ・SUS 手動
(ラック、網)
550×450×600
化成処理 アルミ 手動
(ラック、網)
650×650×650
パッシベート処理
(不動態化処理)
SUS 手動
(網)
200×400×50

※「処理可能寸法」を超える物については確認が必要です。

フープめっき

めっき仕様 適用素材 備考 曲げ高寸法
Cu+光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・洋白 14
Cu+Ni+光沢Ag 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅 Ni部分処理可能
ワイヤボンディング対応
14
Ni 銅・黄銅・リン青銅・洋白・SUS SUS材の液面可能
ワイヤボンディング対応
14
Ni+PdNi+光沢Au
Ni+光沢Au+Pd
銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅 Ni部分処理可能
ワイヤボンディング対応
Pd-Ni組成8:2
7
Ni+光沢Au 銅・黄銅・リン青銅・ベリリウム銅・洋白 Ni部分処理可能
ワイヤボンディング対応
14
Ni+光沢Au+無光沢Sn 銅・黄銅・リン青銅・洋白・SUS・ベリリウム銅 ワイヤボンディング対応 14
Ni+光沢Au 銅・黄銅・リン青銅・洋白・SUS・ベリリウム銅 SUS材へのダイレクトAu
ワイヤボンディング対応
10

※「フープ最大幅、曲げ高さ」について下記が目安となり、それ以上の場合は個々の確認が必要です。
・曲げ高さ3mm以下の場合、幅の最大値は65mmまで
・曲げ高さ10mm以上の場合、幅の最大値は40mmまで

※上記にない素材につきましては確認が必要となります。
※「めっき仕様」に赤字で記載されている物が最外層(最表層)となります。


所在地

米沢工場

〒992-1128
山形県米沢市八幡原1丁目1番地14
TEL. 0238-28-7191 FAX. 0238-28-7197

営業 chiba(アット)mitsuyanet.co.jp
生産技術 goto-hi(アット)mitsuyanet.co.jp
 ※(アット)を@に変換して送信してください。

JR米沢駅から、車で5分

page top